カブトムシを飼う上で気をつけるべきこと

>

国内と海外のカブトムシに関する説明

カブトムシを飼うために欠かせない道具は

カブトムシの飼育には、様々な道具が必要になります。
まず、カブトムシの住処となるケースがあります。
一般的なカブトムシのサイズを考えますと、大体1つの辺が少なくとも30センチ以上あるようなものを選ぶのが良いです。
色に関してはお好きな色で構いませんが、日光を取り込むことができるようにケース事態は透明、もしくは半透明のものが良いです。

次にそのケースに入れる土があります。
土はカブトムシを採集した森林にあった土を拾って使用することも1つの手です。
しかし、栄養面や衛生面を考えるとホームセンター等で購入できる専用のものを使用するのが一番です。
価格も安価で使いやすいものが揃っていますのでぜひそちらを利用するようにしましょう。

必要な道具

他にも必要な道具はあります。

まず、カブトムシの食料となる餌です。
昆虫用ゼリーはスーパーマーケット等でも買うことができ、また価格も安価で一番使い勝手の良いものです。
他にも様々ありますが、自分で調理して用意するという手もあります。
しかし、その場合保存料を入れないとすぐに腐敗してしまいますので、カブトムシがすぐに食べ切れる量を考えながら餌を与えることが重要になります。

また、熱帯地域に生息するカブトムシは大変乾燥に弱い虫です。
ですので、ケース内が極度に乾燥することを防ぐためにも、霧吹きを用意する必要があります。
霧吹きはホームセンターか100円ショップで購入することができます。
一日朝晩の二回ケース内に水を吹きかけてあげるようにしましょう。


TOPへ戻る